接骨院の開業方法について

「接骨院」とは、「整骨院」「ほねつぎ」とも呼ばれ、蘭学が土台となっています。接骨院は一見して病院のような感じですが、接骨院の施術者は医師免許を持っているわけではありません。「柔道整復師」という国家資格を取得することで開業することができます。柔道整復師・・・聞き慣れない名前ですね。柔道整復師になるためには、単に国家試験に合格すればよいというものではなく、厚生労働省が認可した専門の養成施設で3年以上修学するか、文部科学省が許可した四年制大学で、解剖学、生理学、衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修することで、はじめて国家試験の受験資格が得られるのです。このように説明すると、柔道整復師になるのは遠い道のりのように感じられますが、人の身体や健康と向き合う仕事ですから、しっかりとした教養を身につけなければなりませんね。柔道整復師の養成施設に関することはインターネット上に情報がありますので、検索してみてください。

癌にも良く効くアガリクス

まつげエクステ 梅田 おすすめ

貴金属買取

シマックス

シマックス